« 2003年7月 | トップページ | 2003年9月 »

2003.08.22

夏といえば避暑

17
避暑といえば軽井沢。
というわけで、軽井沢に貧乏日帰り旅行に行って来ました。
目的は田崎美術館でやっているサビニャック回顧展。
新幹線なら2時間弱の道のりを、旅気分を味わうため
各駅とバスを乗り継いで、途中昼食をとったり寄り道して
5時間程かけてようやく中軽井沢に到着。
ろくに下調べもせず来たので、駅前に貸し自転車もあったのですが
写真とりつつのんびり歩いて行こうーと思ったのが甘かった・・・。

14
30分程林の中の別荘地を歩いて、汗だくになりながら田崎美術館に到着。
わりと規模は小さいですが、なかなか雰囲気のいい所。
係のお兄さんがフランス人とペラペラ会話してて感心しました。
後期の作品はわりとサラっとしてて、枯れた感じの渋さですが、
やっぱり昔の綺麗なベタバックの作品の方がカワイくて好きです。
いきおいで象と子供のミニポスター買ってしまいました。
展覧会のチラシが欲しかったのに終了間際なので、品切れでした。
残念。

15
森の中には怪しい白馬が
神社の境内には立派な土俵
夕暮れの軽井沢駅

さてたくさん歩いて疲れたから、
今日は帰ってゆっくりお風呂につかろう。
ブクブクブク・・・

2003.08.19

猫とチャイ

13
昨日、雨の中歩いていると近所の猫がやってきてしばし足に纏わりついてきた。
しかしこんな時にかぎって家にカメラを忘れている。雨だと思って油断した。
くやしい。
とあるサイトでチャイの煎れ方を知ったので、やってみよう!と
思いたったのはいいけれど家にあるのはリプトンのティーバックくらい。
ものは試しとやってみたら、これがなかなかいけるじゃないですか。
イチゴチャイや、バナナチャイというのもあるらしいので今度やってみよう。

2003.08.17

今年の夏は

12
雨雨雨で、夏らしい気分がなかなか味わえないですね。
そんな時は永井宏さんの『夏の見える家』がおすすめです。
頭の中だけ太陽がギラギラした夏の日射しの下にぶっ飛べます。
できればたっぷり時間に余裕があってじっくり読めるときに、
夏らしい曲と一緒にお楽しみ下さい。

2003.08.16

クッキー♂8歳

11
昨日、実家から戻りました。
あちらでは日がな一日、犬の散歩と読書三昧。
後は、近所の海に行って野良猫を撮ったりしてました。
彼はワンと吠えることが出来ずフガフガと
言うだけなので、太った後ろ姿ははっきり言って
ブタそのもの。庭に住み着いている野良猫にも
完全になめられいるようでした。
まあ、長生きしてくれればそれでいいです。
16
地元の海水浴場にいた猫たち


2003.08.10

渋谷の猫

1008
仕事帰りの深夜や明け方にばかり撮っているので、
フラッシュを焚くせいで赤目現象の猫しか撮れない。
目に光源を入れないで撮ると良いらしいのだけれど、
なかなか難しいっス。
明日からしばらく実家に帰って犬と遊んできます。


2003.08.09

久しぶりに

09
ライブを見に行く。
ジャズ系のバンドでゲストのボーカルの方目当て
だったんですが、すごく繊細なバンドで前半ちょっと
眠くなっちゃったけど、後半はノリノリでした。
何時間も演るイベントなどは立ってるのが辛いので、
座って見れるのも良かったです。でも煙草の煙りが
充満しててちょっとのどが痛くなりました。ゲホゲホ。

2003.08.06

海に行きたい

07
畠山美由起さんの2nd album『Wild and gentle』を買う。
『海が欲しいのに』のビデオクリップがパソコンで見れるのですが、
切なくて可愛くて仕掛けが上手くてかなり良かったです。
得に羊のハンドパペットが最高かわいい。
気になる方は買って確かめて下さい。

2003.08.05

ようやく

夏らしい暑さがやってきた・・・が、部屋には前住人が置いていった
クーラーがあるのだが、越してきた時から壊れていて全くの役立たず。
なのでしかたなく扇風機を購入。さっそく前に座って声を出してみた。

急にゴーヤーが食べたくなり珍しく料理をする。せっかくなので、
こないだ買った雑誌に載っていた「にがうりとゆで豚の中華風サラダ」
なるものに挑戦。味の方は、まあまあかな?二人分のレシピで作って
しまったのでお腹一杯。ビールが美味い。太るー。


2003.08.02

路傍の猫

野良猫を撮るって難しいです。もう少しと欲張って近付くと、もう逃げられちゃいます。得にデジカメなので、撮りたいと思う時にシャッターが降りてくれないし。で、結局撮れたのは近所の飼い猫。そんな野良猫をどうやって?というくらい近付いて撮っているのがこの写真集『路傍の猫』。リアルでカッコイイ野良猫達の姿がここにあります。

« 2003年7月 | トップページ | 2003年9月 »