« 自転車ライフ | トップページ | 今日のそら耳 »

2004.03.19

ハニュニュウ

『マンガ原稿料はなぜ安いのか?—竹熊漫談』竹熊健太郎著
大人になっても漫画を卒業できない人間にとっては、
面白い話がいっぱいです。
挿画は『青(オールー)』の羽生生純さん。
私みたいな凡人は漫画家目指さなくて正解ですね。
しかし、羽生生純って、「はにゅにゅう・じゅん」って読むのですね。
「はぶ・まさずみ」かと思ってた。これが一番驚きかも。
そういや、『恋の門』、映画化ですね。

« 自転車ライフ | トップページ | 今日のそら耳 »