« いのちの季節 | トップページ | 留守番マメシバくん »

2004.06.02

犬を飼うを買う

はっちゃんが食べられたー

「犬を飼う」谷口ジロー/著
何年か前にハードカバー版は本屋で軽く立ち読みしたことがあったんですが、文庫版を見かけたので買って帰る。もう、比喩でなく全編泣きっぱなしでした。ああ恥ずかしい。表題作の「犬を飼う」はもちろん、続く「そして…猫を飼う」「庭のながめ」「三人の日々」の流れの間も、猫との生活にふと挟まれるタムタムとの思い出で、もうやめてーってくらい目から汗が止まりません。猫の話の方も、妊娠したまま捨てられた不細工なタヌキのような猫が母親になっていく姿に、また目から汗。もう、しばらくは読めません。

« いのちの季節 | トップページ | 留守番マメシバくん »