« しあわせに生きるススメ | トップページ | お母さん »

2004.06.29

噴飯もの

京極堂シリーズ映画化! 第1弾主演は堤
御存じ京極夏彦の枕のごとく分厚い妖怪小説が、来夏公開だそうです。京極堂役には堤真一さん。ふーん。その他の配役も原作のイメージとはかなりかけ離れています。しかし、「姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)」はトリックがトリックだけに(探偵小説なら噴飯ものだ!と登場人物に言わしめた)どう映像化するのか見物です。

« しあわせに生きるススメ | トップページ | お母さん »