« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005.02.28

大王の帰還

miso_79

以前、徹夜明けに見たTVでやっていた茄子料理が簡単そうだったんで作ってみた。美味しかったんだが何か違う。素材どうしの味が上手く絡み合っていないと言うか。焼き茄子に溶き卵をかけて焼くだけの筈なのに。気になってレシピを調べてみた。

トルタン・タロン

【材料】
・ ナス……………………2本
・ 卵…………………………2個
・ 塩…………………………少々
・ 旨み調味料………………少々

【作り方】
1.ナスにフォークで全体をさして皮に穴をあける
2.炭(火)の上にアミを置き、ナスを上において皮が焦げるまで良く焼く
3.中まで火が通ったナスの皮をむき実をフォークで平らに潰す
4.溶いた卵に塩・旨み調味料を加え3にかける
5.フライパンに4を入れ両面に焦げ目がつくほど良く焼けば完成

あー皮向いてなかったよ。後日再チャレンジしてみよう。

茄子といえば一年半も自転車に乗って映画のレビュー くらいしか書いてなかった黒田硫黄さんが、アフタヌーンに帰って来た。まだまだ肩ならし的な内容だが、漫画の事を忘れてはいなかったようだ。とにかく嬉しい。

2005.02.20

i Pet

miso_81

バタバタしてて気が付いたら林静一展の最終日だったので、滑り込みで行ってきました。けっこう期待してたんですが、意外に小規模な展示ですぐ見終わっちゃいました。
せっかく雪の中出て来たのにもったいなんで、本屋さんに寄ってみたら永井宏さんの新刊が。永井さんには勝手に夏のイメージしかなかったんで、冬に出るとは予想外でした。最初は『深呼吸の必要』の人(長田弘さん)かと思ってスルーしそうになったほどです。ほんとは林静一さんの画集を買おうと思ってたんですが、こちらに変更。この人のおかげで私の中で葉山は聖地です。行った事ないけどね。読むと多分出かけたくなっちゃうんで、今度時間がある時にじっくり読みます。ちなみにタイトルの『モンフィーユ』とは「Mont:山」+「feuille:葉」で「葉山」を表す造語だそうです。
その後有楽町のソフマップにて、前に売ったパソコンのポイントで去年から買おうと思っていたiPod 20GBを購入。こんな中に私が以前使っていたG4の4倍近くのデータが入るとは全く理解出来ません。が、科学の恩恵だけありがたく頂戴しておきますよ。さっそく意味もなく部屋の中で使用。私のiTunesにはノリノリな曲は入っていないんで、CMみたいに踊りゃしませんが。暖かくなったらiPod持って自転車で、鎌倉とか行きたい。早く春にならないかなー。

『湘南・鎌倉自転車散歩』 股旅社

2005.02.18

体調不良

miso_80

昨日からミソが吐いてます。最初に戻した時は、餌と毛玉みたいなものだったのであまり気にしてなかったんですが、その後数回、胃液だけを吐きました。体調はいたって元気なものなので、大丈夫だと思いますが一応獣医さんに電話してみました。とりあえず元気で餌を食べるようなら様子を見て、まだ吐くようなら連れて来いとの事。ついでに去勢の時期も相談したんですが、実際見て育ち具合を見ないとわからないと言われました。今のところ元気で食欲もあるので、もう少し様子を見ようと思います。

一日様子を見たところ、朝以降は吐きませんでした。そこでもしやと思い、こないだ買った猫用ニボシをあげてみたら、ガツガツ食べた後少したってから吐いてしまいました。あわわわ、試したりしてごめんよ。そういえば吐いた前日もあげてましたっけ。食べなれないものを食べて胃が受け付けなかったのか?しばらくニボシはおあずけです。

2005.02.17

お知らせです。

humio_den
知人の劇団のチラシのイラストを描きました。
東京バビロンにて、3月17日(木)〜21日の公演です。お近くの方、お時間のある方、良かったらどうぞ。チケットを戴いたので、私もどこかで観に行くと思います。問題は誰と観に行くかなんですがね・・・。

詳細はこちら。 ch.おこげ堂WEB(仮)

2005.02.14

ニボシの日

miso_77 今日は煮干しの日です。

全国煮干協会が制定したそうです。(1が棒で“ぼ”と読ませるみたいですが、ちょっと強引じゃないだろうか。そんなのが通るなら1月11日はボーボボの日だし、3月1日は参謀の日だし、4月1日は脂肪の日だし、5月1日はゴボウの日だし、6月1日は無謀の日だし、7月17日はナボナの日だし、8月1日は野望の日だし、9月13日は凹みの日だし、10月1日は逃亡の日だし、11日11日はボボボーボの日だし、12月12日はボツボツの日になるわけですか)そこでわが家では、一年間の感謝を込めて猫に煮干しを献上する日と勝手に解釈する事にします。たぶん同じ様な企画、いくつかの猫ブログでもやっているでしょうね。という訳でペティオのきびっ仔を買って来ました。うちには猫の器がカリカリ用しかなかったので、以前から猫缶用に陶器の器が欲しいなと思っていたのでついでに買おうとしたら、どれも2〜3000円しやがるんですね。しかたなく無印で500円の人間用のを買いました。

miso_78 さあ、たんとおあがり。

『ボボボーボ・ボーボボ』沢井 啓夫 (著)

2005.02.10

猫監禁

miso_76
猫って練り消し好きなんですよ。

あれから雌猫の声も聞こえなくなり、ミソも落ち着いたので去勢は少し様子見です。というか、考えたら今仕事でミソにモデルになってもらっているので入院されては困るのでした。今年に入ってから、ミソのおかげで猫のイラストを描く機会が増え、最近は猫に食わせてもらってる状態です。去年の秋から、バイトも辞めて家での仕事のみなので、今週などミソと書店やコンビニの店員さん以外と喋ってないんじゃないでしょうか。まさに猫と缶詰状態、略して猫缶。

2005.02.06

お肌の曲がり角なんです。

miso_74 トイレの後は手を洗いましょう。

引っ越して来てからずっとシャワーしか使ってなかったんですが、初めて湯船にお湯をはりました。たまにミソがウンチョスしてくれたりしてばっちいので、念入りに掃除してからですが。おかげでミソに傷つけられてガサガサだった手も、いくぶん潤いを取り戻しました。ついでにミソも入れて洗っちゃおうかと思いましたが、裸に爪出して抱きつかれたらかなわんと思い止めときました。

2005.02.05

冬の姑獲鳥

miso_71 下品な話でごめんなさい。

昨晩の深夜未明、静かな住宅街に悪魔のような唸り声がこだましました。どうやら近所の野良猫の雌が発情し始めたらしく、赤子のような声が近づいたり遠ざかったりしています。これが水辺の近くなんかだったりすると、昔なら妖怪「姑獲鳥(うぶめ)」が出たとか言われるんでしょうか。おかげでミソが反応してまい、外に出たがって鳴いて鳴いて大変でした。今夜は野良猫の鳴き声はしませんが、ミソの刺激された雄は目覚めてしまったのか、昨夜と同じくらいの時間になると玄関の前で鳴き始めました。オモチャやなんかで気をそらそうと試みるも効果なし。さんざん鳴いて、今は落ち着いてパソコンラッックの上で寝ています。うちのマンションはかなり古くて、住民もお年寄りが多いので夜中の運動会だけでも気が引けてたので、かなり冷や汗ものです。まだスプレーなどは始まってませんが、これは来週中にも「玉抜き」決行かもしれません。まあ玉を取ったところで、直る保証もないんですがねえ。

姑獲鳥の夏

2005.02.01

ワイヤーバード2号

miso_73 1号の残骸。

実はクリスマス前に購入したワイヤーバードですが、10日もしないうちに壊れていたのでした。今や只の鳥のヌイグルミ化し、全く見向きもされません。なのでこのところ自作の紐オモチャなどでお茶を濁していたのですが、ミソには今イチ不評。でもまたネットで買うのも馬鹿らしいしなーと思っていたら、ありましたハンズに。ほんとは何か猫オヤツでも買って帰ろうかと思って寄ったのですが、思わず買ってきてしまいました。ミソ、狂喜乱舞。それはもう、ベッドの不二子ちゃん目がけてダイブするルパンが如く宙を泳いで追いかけます。しかしこれ、猫のオモチャのくせにちょっと値が張るのです。もうあまり買いたくないので今度はなんとか数ヶ月、いや1ヶ月は保たせたいと思います。

miso_72 ワイヤ〜バードォ〜♪

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »