« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005.05.31

遅れてきたフード

miso_114 これ、当たりました。

アイムス子犬用もしくは子猫用フードプレゼントキャンペーン
毎月抽選で200名に当たるのでほぼ当選確実らしいよと聞き、まだミソが子猫といえる頃に応募したのが数ヶ月前。そんな事もすっかり忘れていた今日この頃、当選していたらしく本日送られて来ました。
しかし、生憎ミソは既に子猫用から成猫用フードに切り替え済みです。さてどうしたものか。いつものフード(ロイヤルカナン成猫用)にちょっとずつ混ぜて完食してもらうか、それとも子猫を飼ってる人にでも譲ってあげるか。
「マサムネ成長記」の中の人にでも送ってあげようかしら。

前はこんなだったのが、今ではこれですからね。
miso_115(注:同じゴミ箱です)


2005.05.27

猫の骨

miso_113

学研ムック『うちの猫のキモチがわかる本Part6』にて、またちょろっとイラスト描いてます。

先日募集した缶バッヂプレゼントですが、結局2名しか応募来ませんでした。まあこのご時世、どこの馬の骨ともわからない人間に住所を教えるのは躊躇するかもしれませんが、まだ5つほど残ってますんで良かったらどうぞ。
骨と言えばクロ號の最終巻買って来たんですが、書き下しで骨になったクロの頭蓋をみてヒゲが「ちっちぇえ頭だったんだなクロよ・・・」としみじみ言うところで号泣してしまいました。ちなみにクロ號のタイトルの由来は戒名からだそうです。(犬や猫が死んだ時に號とつけるらしい)

キリンジ 堀込泰行ソロプロジェクト『馬の骨』

2005.05.23

江ノ島猫ばっかし紀行

enosima26 江ノ島の猫は全て捨て猫。

せっかく横浜に越してきたからには江ノ島の猫写真を撮りに行きたいなあと思っていたら、最近やたらとTVで江ノ島の生シラス丼が紹介されていて無性に食べたくなる。そこで猫を撮りに行くついでに、江ノ島に行った事が無いと言う友人と生シラス丼を食べに行きました。それでは撮って来た猫達の写真を一挙公開です。どうぞ。

続きを読む "江ノ島猫ばっかし紀行"

2005.05.21

猫の飼い方実用絵本

miso_112
網戸越しに近所の友達と密会中。

『うちの猫のキモチがわかる本』でとても可愛い猫イラストを描いている小泉さよさんの本、『猫としあわせふたり暮らし』が出ました。中身は可愛いだけでなくけっこう実用的で、これから猫を飼う人や既に飼っている人にも役立ちそうな内容です。これが共著とかでなく、全て小泉さんの手によるものだというのが凄い。僕みたいなにわか猫飼いなんかでは到底及ばない領域におられます。まさに猫マスター。

前回の記事の缶バッヂ、もし欲しいという方がいたらサンプルで貰った物のどれかひとつ、プレゼント致します。メールかコメントを残してもらえれば、先着7名様までにポストカードかなんか付けてお送りします。まあ、そんなにいないと思いますがね。

can_badge


2005.05.19

不機嫌なミソ

miso_111 朕にもっと奉仕するがよい。

先日プチ脱走してから外に出たがって不機嫌だったのですが、さんざオモチャを与え(天然兎毛を剥いで食べちゃうので封印していた「じゃれ猫ベビーマウス」と、2号機は一ヶ月しか持たなかった「ワイヤーバード」もついに3号機を買ってあげ)たり、遊んであげたりしたらだいぶ大人しくなりました。

あひるカフェ、SHOPページ更新しました。
今回はTシャツのオマケに缶バッヂも造りました。接写機能のないデジカメなのでピンボケ画像ですが、7種類あります。なかなか可愛く出来てますよ。アップの写真は雪眼鏡を使って無理矢理近づいて撮りました。

miso_b02

miso_b01


2005.05.15

2005年の夏は溶け猫Tで。

miso_110 モデル料はカリカリでよろしく。

突然ですが、今年のあひるカフェブランドの新作は『溶けてゆく猫』オリジナルTシャツです。いったい何のために?欲しい人なんかいるのか?などの疑問はこの際なしの方向で。この他にも各種色を取り揃えておりますので、今年の夏を乗り切るためにもぜひ一枚どうでしょうか?
詳細は後日、あひるカフェの方にUP致します。

商品取り扱い店舗:オリジナルデザインハウス吼蒔稀(クジキ)

miso_T08 miso_T07
Aタイプ

miso_T02 miso_T01
Bタイプ

miso_T10 miso_T09
Cタイプ

2005.05.13

近況

miso_109
あまり不満はなさげな寝顔。

最近また粗相が激しくなりました。洗濯機回りっぱなしです。なにがそんなに不満なのか。ドリトル先生呼んで、通訳して欲しいです。
そういえば近頃、アニマルコミュニケーターとか言う言葉をよく耳にします。なんでも動物の言いたい事がわかる人たちの事らしいですが、日本でも資格を取れる学校があるみたいですね。でも以前TVで見た外国のアニマルコミュニケーターさんは、まるっきり超能力者でがっかりしました。
まあいろいろ想像して苦労したりしてこそ、上手くいった時の喜びも大きいのかも知れませんね!などど上手い事を言ったつもりになって締めにしたいと思います。

『ドリトル先生アフリカゆき』岩波少年文庫

2005.05.11

赤玉

miso_108 動画を観る

100円ショップで買ってきたミニけん玉で、横着に寝転びながら遊ぶミソくん。

ミソが毛玉ボールで遊んだ後それをどうしてるのかと思ったら、最近になって飲み込んでしまっている事が判明。ブラッシングしてあげた意味ないやんか。

2005.05.09

箱猫劇場『びっくりネコ』

miso_107 動画を観る

特にネタもないので、ほとんど使用していなかったデジカメの録画機能を使って遊んでみました。

Ouick Timeダウンロードはこちら

2005.05.01

フリーボ2005春

 土曜日はZher the ZOO YOYOGI(ザー・ザ・ズゥ ヨヨギ)にフリーボのライブを見に行く。代ゼミの隣で、2005年3月オープンのまだ出来たばかりの綺麗なところ。
 対バンの旭荘201はとても楽しいバンドで、お客さんが少なかったのが勿体ない感じ。全国の旭荘ファンの方はもっとライブに行くといいと思います。
 2組目のURITAはビジュアルインパクトが強烈でしたが、中村一義ばりのファルセットの美声でとてもポップな印象。好きな人は好きそうです。
 ラストは待ちに待ったフリーボだったんですが、以前観たのが2003年の11月以来なので1年5ヶ月ぶりですか。長かった。久しぶりに聞いた吉田さんの歌声はやっぱりいいです。ビールも進んでいい具合に気持ちよかったです。一緒に歌っちゃいたくなるくらい。新曲もすごい良かったですし。ただCDになる予定が無いっぽいので、頭の中で反芻するしかないのが辛いところです。
次のライブは8月らしいですが、これ逃すとまたいつになるかわからないんで必ず行こうと思います。

以下のリンクから、過去の作品は試聴可能なようです。
Listen Music Store フリーボ

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »