« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005.06.30

千客万にゃい

050626_171916 『優雅な猫』(撮影:猫アレルギーの人)

 先日久しぶりに大勢の友人が部屋にやって来たのですが、ミソは珍しい来客にビビってか押入に隠れてしまいました。せっかく大きくなったミソを見に来てくれたのに申し訳ないので無理矢理出てきてもらったのですが、やはりストレスだったようでその夜久々に粗相をしてくれました。繊細なやつめ。
 以前来た時はまだ何にでも興味を持つ3ヶ月くらいの時期だったので「大人になって落ち着いたね」などと言われたのですが、夜の暴れっぷりをお見せしたかったですよ。
 来客中3人も猫アレルギー持ちがいたので部屋を綺麗にして待っていたのですが、やはりしばらくしたら目が痒いなどの症状が出始めました。更にこれから猫飼いになるという予定の方も、同じような症状を訴えだしたので少し心配です。単にうちの空気が汚いだけなら良いのですが。

2005.06.28

ヨーロッパを旅してしまった猫のはなしのはなし

miso_130

『ヨーロッパを旅してしまった猫のはなし』 平松謙三(著)
ー「犬に出来るのならノロにだって」
僕らのヨーロッパ旅行は、そんな楽観的な思いつきから始まりました。ー

 猫を飼ってしまうと、なかなか旅行にも行けないという人が多いと思いますが、この夫婦「ハリーとトント」を地でいくような猫とのヨーロッパドライブ旅行に出かけてしまいました。国外にペットを連れ出すなんて検疫などいろいろ面倒な問題がありそうですが、あちらでは犬連れの旅行があたりまえなので旅慣れた人にとっては以外と簡単なのかもしれません。エールフランス航空の場合5kgまで(ケージやバッグ込み)なら、猫も手荷物扱いで機内に持ち込めるそうです。かえって国内やアジア圏の方が、ペット連れの旅行は困難ようです。
 多くの女性は猫も海外も大好きだと思いますので、この本を読めば「うちの猫と海外旅行なんて、夢のよう!」と妄想が広がる事請け合いです。自分の場合は猫が居なくても元々出不精なのであまり関係はありませんが、とても楽しめました。

VagaAir.com
La hortensia azul

2005.06.26

エアコン買おうかな・・・

miso_129 500万クローナを得るのは一苦労な。

 ミソがこのところ、押し入れで昼寝をしている。ひんやりしていて涼しいらしい。あんな毛だらけの身体では暑いのも無理はない。少し氷を砕いて、水に入れてあげる事にする。しかし、ちょんちょんと触るだけで舐めてはくれなかった。

—————
 土曜日、授業の始まる前にパレットで同期だった堀口さんが参加しているクリ8エシリトリ展を見に行く。堀口さんとは偶然今行ってるワークショップも一緒に受けている。以前とはまたガラリと変わった作風になっていた。自分はあの頃と比べて、進歩しているだろうか。

—————
今回の授業は2回目のクロッキーだったのですが、前回の反省点を踏まえて一筆書きの要領で出来るだけ一気に線を引いてゆく。おかげで今回の批評はわりと良くて安心した。セツに行っていたと言う先生に、セツ行ってた?と言われ少し得意になる。

来週はいよいよ先日リンドグレーン賞(賞金500万クローナ=約7,350万円)を受賞したばかりのA先生の授業だ。ワークショップの他に、ファイルも見ていただけるようなので、今からとても楽しみだ。

アストリッド=リンドグレーン

2005.06.25

ねころぶ

miso_127

miso_128

なんだか最近、ミソの毛が湿っぽいような気がするんですが。梅雨のせいでしょうか。肉球もちょっと臭いし。そのうち全身にカビが生えて青猫になる前に、週末久しぶりに洗ってやろうかな。

2005.06.19

蚊遣り豚

miso_124 買いました。

 売り場にはお洒落な扇型のデザインのものとかもあったのですが、やはり猫に倒される心配のないどっしりタイプのものに落ち着きました。これで、ミソをベランダに出しても蚊が怖くありません。
 ついでに、そろそろ風鈴でも出そうかと思って押し入れを探したのですが、引っ越しでどこに閉まったか忘れてしまい発見出来ず。せっかくだからこれも近々新しいの買いに行こうかな。

miso_125 暑いのか、たれ猫化しつつある。

—————
このところ毎日のブラッシングが欠かせないのですが、いくらやっても抜けるので、なんだか垢擦りしてる気分で楽しくなってくる。部屋には西部劇とかでカサカサ転がってるやつよろしく、自然脱毛した毛が束になったのが扇風機の風に流され転がってゆきます。先日の「抜け毛で筆」、やってみようかと思ったけれどやはりいつものように丸めてしまう。しかしこれちょっと抜け過ぎなのでは。いっそ、バリカンでサマーカットにでもしてしまおうか。
miso_126 さっぱりしたねえ。

—————
土曜のLampのインストア、ワークショップの課題をギリギリまでやっていて残念ながら行けず。おかげで課題はわりと好評だったんで報われましたが。なので今、少し調子に乗ってますよ。でもこういう後って大抵へこむ事があったりするんで、気を引き締めていなくては。

無頼庵さんの曲が着うたにあるらしいので、着信音に設定してみた。あまり電話がかかる事もないので、目覚まし音にも設定してみたり。

2005.06.16

かっこいいトイレ

miso_122
見よ、この流線型のフォルム。

miso_123
そのコンパクトさは一目瞭然。

おまるdeキャット

 今朝、楽天で注文した新しいトイレと砂が届きました。予想よりずいぶん小さいです。砂が従来の半分の量で済むのでかなり経済的。おまる形態なので砂も飛び散らないし、これなら部屋にあっても邪魔になりません。しかし、デザインが斬新すぎて、これをミソがトイレと認識してくれるかが問題なんですが。
 とりあえず上に乗せてみたら用は足したのですが、自分で砂がかけられないものだから何度もフタを引っ掻いてます。これたしかに汚れないけれど、砂がかからない分ウンウンの時もの凄く臭いのではなかろうか?少々不安が残りますが、ひとまずトイレはこれで良しとします。

—————
 実は、膀胱炎になった猫は風呂桶のようなツルツルした場所を好んでおしっこをするらしいと聞いたので、ちょっとその線も疑ってたんですよ。まあお水も良く飲んでる事だし、頻繁にトイレに行く訳でもないので大丈夫だとは思うのですが。 猫の膀胱炎

 それから、このごろというか去勢した後からなんですが、左の鼻の穴だけに鼻くそが付いている事がよくあります。これも何かの症状なのか、それとも単に部屋の空気が汚れているからなのか。トイレ砂のホコリのせいもあったかもしれないので、新しいトイレで解消される事を祈ります。

—————
レッサーパンダ風太君へのアンサーとも言える、ハシビロコウの最新記事。
「動かない鳥は必殺仕掛け鳥だった」

今度はipodも立っちゃった。これ欲しいけど、ちょっと高いですね。
「iGuy」

猫トイレについて

miso_121 猫ずきんさん。

『CATSAN』 フランスのトイレ砂のCM。白くてほわほわです。

—————
 最近ミソが、お風呂場の空の浴槽で頻繁に用を足します。布団にされるより掃除するのは楽だから全然良いんですが、やはり不衛生です。どうやらトイレ砂が気に食わない模様。今まで、トイレに流せる「ひの木の猫砂」を使っていたんですが、これ細かくなり過ぎてホコリが立つんですよ。ミソもたまにトイレでくしゃみしてますし。なのでトイレ砂、変えてみる事にしました。
 それから、トイレ自体も思い切って新しいのを買っちゃいました。ミソを貰って来たペット用品屋さんの陳列棚でホコリをかぶっていたのをとりあえず買ったものなので、砂が飛び散ったりと今イチ使い勝手が悪かったんですよね。
さて新しいトイレは気に入っていただけるのでしょうか?次回に続く。

—————
「ハシビロコウ」
どなたか一緒に、上野動物園にこの鳥見に行きませんか?

2005.06.13

お祭り騒ぎ

050612_1951001

 週末、朝からなにやら騒がしいなと思って外へ出ると、そこでは半裸の男衆が奇声をあげながら移動式社を担いで街を練り歩き、それを周囲の住民が囃したてながら眺めるという行事が行われておりました。

—————
 先週から通っているワークショップ、今週はクロッキーの授業だったんですけど色々と勉強になりました。さんざん酷評されたんですが、何かつかんで帰れればいいくらいの気持ちで望んでいるので、結果オーライです。
来週は、先週出た課題の絵本を製作してがなきゃいけないんですが、まだ全然手を付けておりません。やばい。

—————
 デイリーポータルZ:ひらめきの月曜日「猫の毛で筆を作る」

「猫の歯グキを撫でまくる」に続き、この時期大量に出る抜け毛を再利用した高瀬さんのナイスアイデアな記事です。正確な作成法がわからないのが惜しいところですが。私もいずれ作ってみようと思います。

2005.06.11

まんじゅう怖い

miso_120
(注:リンク先はちょっと怖いので自己責任で)

 夏も近づいてきて、怪談が恋しい季節になってきましたね。冬の間は寄り付かなかった書店の怪談コーナーに立ち寄ってみたらば、知らない間に沢山の本が出ているじゃないですか。平山夢明氏の「超」怖い話シリーズや東京伝説シリーズに始まり、加藤一氏の『弩怖い話2』『禍禍』『妖弄記』などなど、思わず涎がでそうなラインナップです。長い夜のお供にちょっとずつ買っては、楽しみたいと思います。
 今年は『新耳袋』最終夜の年、更には夏に超恐の新刊も出るようですし、楽しみはまだまだ終わりそうにはありません。

—————
 で買ってきて読んでるわけですが、『東京伝説』まじおっかないですよ!!最近は、怪談系は慣れちゃってあんまり怖くなくなっちゃったんですが、こういう痛いのは慣れませんねえ。もし東京で一人暮らしするって言って聞かない娘さんをお持ちの方がいたら、ぜひ買って読ませてあげて下さい。きっと上京を断念するに違いありません。
平山夢明氏のblog 「ある日記」

 それから、『妖弄記』。コンビニでしか売ってないというので、近所のローソン梯子しまくってようやく入手したんですが、これがなかなか面白い。主に物の怪っぽい怪異を集めた本なのですが、子供の頃に祖母に聞いた天狗や狢の話などがいちいち思い出されて、なかなか読み進められませんでした。あまり怖くないので妖怪好きにはオススメです。
加藤一氏のblog  「さぼり記」

—————
追記
猫ってよく、何もない部屋の隅や天井などをじっと見つめてるとか言いますけど、あれって単に物音を聞いてるだけなんですよ。えっ、二階にも隣にも誰も人住んでないって?それは私は知りません。

2005.06.10

猫以外のことなどいろいろ

miso_118

 最近、あひるカフェの方にアクセス解析つけてみたんですが、いろんな都道府県から来てくれる方がいて、見てるとけっこう面白いもんですね。
 リンク元でCREATESTYLEさんから来てくれる方がいるみたいで、はて?と思って行って見てみたら「6月のピックアップ作品」になってるじゃないですか。今頃気付きました。ありがとうございます。
—————
 先日、眼鏡のフレームが曲がっていたので力任せに戻そうとしたら、ぽきんと簡単に折れてしまいました。お金がないけどしかたないので、安い眼鏡を買いに駅前へ。夏だし思い切って派手な色にしてみたら、なんだか安いお笑い芸人みたいになってしまいました。
 先週から週一でワークショップの様なものに通っているのですが、15人ほどの生徒の中に、昔通っていたパレットクラブスクールの同期の方が偶然いて驚きました。なんだかいろいろとハードな課題とか出て、久しぶりに学生気分が味えました。仕事にしわ寄せがこない程度に頑張りたいと思います。
—————
 Lampの新作『木洩陽通りにて』、めちゃくちゃ良くてずっと聞いてます。私的には、永井さん作曲の『抱きよせたい』と『冷たい夜の光』がイチオシです。25日のワンマン、行きたいけど土曜の夜は毎週ワークショップの日だったよ。残念。18日のインストアは昼からなんで、行けたら行こうと思います。

Lampの染谷太陽氏のblog 「こぬか雨はコーヒーカップの中へ」
—————
 けっこう前ですが、ユーリ・ノルシュテイン作品集買ったんですが、あまりに素晴らしく一人で見てるのは勿体ないので、うちで上映会を開く事にしました。単に呑む口実が欲しいだけというのもありますが。

ユーリー・ノルシュテインの仕事
きりのなかのはりねずみ    世界傑作絵本シリーズ
きつねとうさぎ—ロシアの昔話    世界傑作絵本シリーズ
きりのなかのはりねずみぬいぐるみ(はりねずみ)

2005.06.07

代理戦争

miso_117_ 俺もまだまだいけるんちゃうん?

巷で話題の【kittenwar】に我が家も参戦してみました。簡単に言えばネコ萌え対決なんですが、詳しい説明や参加の仕方はfromshunさんの記事に書いてありますので参照下さい(他力本願)。上位ランキングを占めているのはやはり子猫ばかり。この子なんて、ちょっと見ヌイグルミです。なので、うちも姑息にも子猫の頃の写真で応募してみました。今のところ勝率60%といったところのようです(現在下降気味)。上位100位以内に入るには70%の大台に載らなくてはならないようなので、もし偶然うちのミソを見かけたら、クリックしてやって下さい。

猫殿さんのところで呼びかけていたのですが、あかねといおな日記さんのところで、子猫の里親先を募集しているみたいです。

里親さん募集中【保護猫日記】こちらに更に詳しい情報が載っている模様。

2005.06.06

無頼庵Live(下北沢basementbar)

日曜日、下北沢basementbarにて行われた無頼庵のライブに行く。
初めて行く場所なので、道に迷いながらレコード屋のおじさんに道を聞きつつ少し遅れて到着。一人で行ったもんで手持ち無沙汰でビールを呑み過ぎてしまい、トリの無頼庵が出て来る頃にちょうど尿意をもよおしてしまってトイレに行くに行けず困りました。
前回買ったデモ音源を聞き込んでから行ったんで、すごくノレて楽しかったです。ウノさんのウッドベースも渋くてかっこ良かったですし。ライブ後、こないだ作ったバッヂを堀内さんが下さいと言ってくれたんで、ちょうど余ってたのを持ってたので差し上げました。
最近の音楽事情には疎いので、出演アーティストの皆さんは知らないバンドばかりでしたが、2組目のcheeseというバンドがアコギとドラムだけのシンプルなスタイルでなかなか良かったです。
しかし5バンドも出たんで、さすがに疲れました。年のせいか、ああいう地下空間に若者達といっしょに長時間いるのがしんどいというのもありますが。
次のライブは青森で8/8、りんご灯まつりで野外「役場前特設ステージ」らしいんで行けたら気持ちいいだろうなあ。

青森ねぶた祭オフィシャルサイト

2005.06.02

キンチョーの夏

050602_2038001 たーまや〜

昨日今日と何やら外がバンバンと騒がしいなと思っていたら、横浜では花火大会が催されていたようです。うちは坂のてっぺんにある古びたマンションなので、家々とビルの谷間から微妙に拝む事が出来ました。夏もすぐそこと言った感じでしょうか。
その前に梅雨がある訳ですが、玄関の前が日陰な上に水はけが最悪なので、蚊が大量発生しないかと今から心配です。窓を開けミソにリードをつけてベランダに出していると、既に数匹入ってきます。ミソがフィラリアにかかったら大変なので、近々蚊取り線香と豚の入れ物(蚊遣り豚「かやりぶた」と言うらしい)をどっかで購入してこようかと思います。

miso_116

「猫にもフィラリアがあるの?」 マスナガ動物病院
第24回 横浜開港祭
キンチョーCM劇場

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »