« 予想通り | トップページ | 宮城さん »

2005.07.20

金華猫

 久しぶりに新作映画を観に行く。『姑獲鳥の夏』
正直、期待が大き過ぎてしまってがっかりな印象。濡れ場や残酷シーンは最小限に抑えられ、家族で楽しめる京極堂といった感じになっています。観るなら原作読まずに行くべきでしょう。これなら『星になった少年』観に行けば良かった。ネタばれにならない範囲で気になった点は、
 ■猫が高い所に無理矢理登らされて。不安でにゃあにゃあ鳴いていた。
 ■姑獲鳥の声に間違わせるのなら、発情期の猫の鳴き声にすべきだろう。
 ■猫目洞のマッチのイラストが可愛らしかった。
といったところでしょうか。いっそ『笑いの大学』のように、ほぼ全編古本屋に次から次へと人が訪れて話してるだけの芝居にしても良かったかも。
 劇中出て来る京極堂の飼い猫『柘榴』は、中国は金華山の産。金華山の猫は化けるというので、無理して手に入れたということになっている。

京極夏彦対談集 妖怪大談義

050722_0529001 これは民家の猫。


« 予想通り | トップページ | 宮城さん »