« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006.05.27

檜男

Pinokio

 来週のペチカ最後の授業で、祖父江さんから「ピノキオの装丁画と挿絵」という課題が出ています。かれこれ一月半前にはお知らせがあったのですが、ようやく重い腰を上げて手を付けています。夏休みの宿題はギリギリにやるタイプです。ちょっと煮詰まったので、休憩がてら壁紙にしてみました。良かったらどーぞ。
 カルロ・コルローディ原作の「ピノキオの冒険」では、青い妖精がピノキオにこう言います。「嘘には、足が短くなる嘘と、鼻が長くなる嘘と、2種類あるの。あなたのは鼻が長くなる嘘ね」
 なんだって?どうやら僕のは、足が短くなる嘘だったようです。

映画「ピノッキオ」 ロベルト・ベニーニ(監督・脚本・主演)

2006.05.23

子供、犬、着ぐるみ

 先日久しぶりに渋谷の大型書店や雑貨店などを巡って、おっさんの中の乙女回路をザワザワさせてきました。で、spoon.なんぞ立ち読みしていたら、その乙女回路にクリティカルヒットするものを見つけてしまった。

Spepper
「サージェント・ペッパー ぼくの友だち」
 これはひどい。金髪の子供とモップ犬が出てくるだけでも可愛いのに、さらにその子供がこんなとぼけたトラの着ぐるみを着てるだなんて、卑怯すぎる。そんなの可愛いに決まってるじゃないですか!
 しかもサイトのイラストが、ミトンのグッズなどのイラスト描いてた人と一緒だ。これもとても可愛い。この方の詳細が知りたい。

 しかし男1人で観に行くには、ちとハードルが高すぎるのう…。

2006.05.22

おいでよ森のおんがく会(どうぶつの森風に)

060521_2002001 伝説のフォークシンガーThe End氏

 よく晴れた日曜、下北沢ガレージまでチョコレートパフェ主催のイベント、第五回「森のおんがく会」へ行ってきました。このイベントは毎回多彩なゲストを呼んでは、全てチョコパがバックバンドを勤めてしまおうという企画。

 北口にはあまり行ったことがないので、面白そうなお店がたくさんあって目移りしてしまう。ガレージに着いて、普通にお金を払おうとしたら招待になっていたので、思わず浮いたお金でチョコパのアルバムを買わせていただいた。ありがとうございます。

 中に入ると既に、チョコパによる森のおんがく会のオープニングテーマが演奏されていました。
 それが終わると客席の隅に設置された解説者席に、司会の東海林のりお(立川亮 )さんと日本酒を手前に置いたゲスト・コメンテーターの田所せいじさんがいるのに気付く。転換の間、お二人で軽妙かつとぼけたトークを繰り広げてくれました。

 まずお二人に紹介されて登場したThe Endさんは、普段は弾き語りスタイルの長野在住のフォークシンガー。その日にあったことをそのまま歌に乗せて歌ってしまう真のフォークシンガーです。なので、CDみたいに形が定着してしまうものは出さないスタイルらしい。凄いこだわりである。
 雨上がり決死隊の宮迫似で、ウェスタンハットに上下真っ赤なウェスタンシャツにズボンというインパクト大の風貌。これは初っぱなからすごいものが見れたと大満足でした。

 続くかちむつみさんは一転、長い髪に花をつけた可愛らしいスタイルで登場。東海林さんの読み上げる事前アンケートによると、誕生日が僕と一緒。好きなタイプは寂しそうな男性だそうです。はい、僕とても寂しい男ですよ(寂しそうと本当に寂しい奴は違うのか)。
 普段はミツムジカ(逆から読むと…)というバンドで活動しています。チョコパジャンボリーと、息のあった素晴らしい鍵盤さばきを披露してくれました。かちさんによるチョコパの「僕は好きさ」もとても良かった。

 最後に全ての演奏を勤めたチョコパが登場。ボーカルギターの斉藤さんがとても陽気で可笑しく、会場は終始和やかな雰囲気でした。参加した皆さんが一体となっていて、とても楽しい、また行きたいと思えるイベントでした。唯一の心残りは、田所せいじさんの歌が聞けなかったことでしょうか。
 秋頃にはチョコパの新しいアルバム(最高傑作らしい)が出るらしいので、それもまた楽しみです。

sigatu チョコレートパフェ 四月

2006.05.16

はた画伯


 ウッシーとの日々 (1)

 昨夜、はた万次郎画伯が小泉孝太郎の番組に出ていた。動く画伯を見たのは初めてだ。ウッシーもまだまだ元気なようで安心した。全くパソコンを使えなかったはずの画伯が、ペンタブレットを使いこなしてオールデジタル作業に移行していたのには驚いた。来週に続くそうなんで、見逃したウッシーファンは見ると良いですよ。>>「孝太郎プラス」
 画伯は30歳の時に東京から北海道下川町に移住。家賃3500円の空き家を見つけて、ウッシーを飼い始めもう14年になる。ウッシーは普通の雑種だけど、ボーダーコリーにそっくりだ。とても良い犬だと思う。
 何年も前「ウッシーとの日々」を読んでは、画伯くらいになったら田舎に越して犬飼いたいなーなどと気楽に思っていたものだが、そんな僕ももうすぐ30だ。恐ろしい。当然まだ田舎で暮らす準備は出来ていない。

2006.05.13

HORO

Horo_1■放浪ボット
〜あらすじ〜いつも長電話の奥さんに忘れられて、火にかけられっぱなしの琺瑯ボット。近頃じゃ自慢の琺瑯にもヒビが目立ちます。ついに堪忍袋の尾が切れ、家出を決行。放浪ボットとして生きて行くことに・・・。

horo小坂忠 ほうろう

2006.05.12

諸問題

060512_1324003 ここ数日、いろいろあってテンパってました。

■もう風邪は治ったとばかり思ってたら、喉の痛みだけが消えない。
■そのうち治るさと放っておいたらご飯も食べられないくらい腫れてしまい、唾を飲むだけでも痛い。
■しかたなく近くの総合病院へ。医者開口一番、「これはひどい」。
■即入院して手術の必要があるとのこと。仕事があるのでそれは困ると、外来を希望。
■ベッドが開いてないので翌日入院の用意をしてまた来るよう言い渡される。
■すぐに友人にミソを預かってもらえるよう手配。それから仕事先の編集者さんに連絡して事情を説明。
■保険証が切れてたので、役所に再交付してもらう為に行って延滞金をたんまり取られ凹む。
■入院したら一週間は帰って来れないので、仕事を朝までに仕上げまた病院へ。
■薬が効いて、だいぶ腫れがひいたのでなんとか入院を免れる。
■でもまだ油断は禁物らしい。お酒はしばらく飲んじゃだめ。
■その後も病院へ通い点滴打たれる日々。腕が穴だらけに。

—————
 独り身で病気すると、普段溜め込んで見ない振りをしていた諸問題が一気に雪崩を起こして、軽く押し潰されそうになれます。ご飯が美味しく食べられるのって、素敵なことなのですね。きっとぶーちゃんも口内炎でご飯が食べれなかった時、こんな感じだったのかな。ああ、健康って素晴らしい。

2006.05.11

チョコっとしたお知らせ

Kyocom

 チョコレートパフェの萩原キョーコさんが、以前描いたイラスト(アコーディオン娘。)をフライヤーに使ってくれました。 >>kyo.com
 萩原さんはチョコパだけでなく、いろんなバンドのサポート活動を精力的にされていて、ゴールデンウィークもめちゃくちゃ忙しかったようです。体調崩してなかったら、僕も是非見に行きたかったんですが…。5月もたくさんライブがあるようなので、お時間ご興味ある方は見に行きましょう。

萩原さんのライブスケジュール

2006.05.09

ひげ

 
 仕事の資料になるかと思い谷口ジローのシートン1、2巻を買って来る。
 1巻の「狼王ロボ」の終盤で涙腺が決壊。犬モノが好きな方にはお勧めです。2巻の「少年とオオヤマネコ」は泣かされる事はないだろうと思ったら、ラストで少しホロリ。共に、いい話でした。

—————
 髭を伸ばし始めた。最近少し顔が丸みを帯びてきて、昔のようなシャープな顎のラインがなくなってきた。そこで山羊のような髭を伸ばして、偽物のあごを作ろうというわけだ。安藤裕子がPVで男優のヒゲを引っぱって鼻にキスしていたのを見て、山羊髭いいと思ったからでは決してない。

 無頼庵のベーシストうのしょうじさんも立派なひげをたくわえているので、先日どうやって管理しているか聞いてみたらドライヤーを使っていると言う。しかし僕はここ7〜8年はずっと坊主で通しているので、うちにはドライヤーがないのだった。今度安いのを買いに行こうと思う。

2006.05.05

寝込むらさん

 風邪をひいて三日ほど寝込んでた。仕事の締め切りが近いので、後は週明けまで仕事したら世間のGWとやらも終わりらしい。そんなガッカリウィーク。

—————
 ミソは相変わらず可愛いのですが、特にネタもないので最近写真を載せてなかったら、アクセス数がだいぶ落ちた。猫ネタだけでずっと続けてるサイト主さんは凄いと思う。

050802_0120003

2006.05.03

ホリスマスイブ×3またはウノSHOW。

 皆さん、G・Wいかがお過ごしでしょうか。僕は自営業なので基本関係ないのですが、周りが連休だとこちらまで浮かれてしまって困ります。でもお酒呑む機会が増えるので、本当は嬉しいです。

—————
060502_2022001 060502_2112001 060502_2249002

 前日と打って変わってとても肌寒い火曜、吉祥寺MANDA-LA2まで無頼庵さんのライブを見に行く。この前はここで倒れかけたので個人的にちょっと鬼門でしたが、今回はゆったり見れて良かったです。と言うか、本当はこうゆう落ち着ける場所だったんですね。出演者は3組ともアコースティック編成でとても心地良く、おかげでお酒も進みました。
 ニッカーボッカーのゲストで出た大野さん(fromヒネモス)という方がクラリネットとノコギリ奏者で、ノコギリ演奏を初めて見れたので感激でした。
 うのさんが無頼庵とソーイングマシーンに出演されて、その妙技をたっぷり堪能する事が出来ました。ソーイングマシーンの時着けてた前掛けもなんだか良い感じでした。

 青森は弘前出身のイラストレーターさんを一緒に連れて行ったんですが、普段は都会的な彼女が堀内さん達とお国言葉で喋ってて面白かったです。
 夏に皆でねぶた祭りの頃に、青森行き計画中。平日だけど、会社勤めの方は有給取ってね。

2006.05.01

五月晴れ

 今朝はあんまり天気が良いので、洗濯物と一緒に久しぶりにミソもベランダへ出してみた。

 五月になったらいきなり暑いですね。今はだいぶ風も出て涼しいですが。昨夏の悪夢(真夏にパンイチで冬用の仕事してた)が思い出されますよ。今年はさすがにエアコン買おうかなあ。

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »