« 失踪日記〜完結篇〜 | トップページ | 窓 »

2006.08.14

黒く塗れ!

 洗髪中にふと妙な想像をしてしまい、怖くて目が開けられなくなる、なんてことがあるだろう。天井から長い髪の女が垂れ下がってるとか、浴槽の中から腐乱した顔の上半分がこっちを覗いているとか、そんなたわいもない妄想だ。

 我が家のトイレはなぜか、ペーパーホルダーの上部が黒く塗り潰されている。
 本来なら便座に座った状態でステンレスの上蓋部分を見れば、自分の顔と背後の天井が写し出されるはずだ。しかし、ツヤ消しの黒でしっかりと塗りつぶされてしまっているため、そこはひたすら黒いだけ。

 もしかしたら前の住人は、そこにあるはずのない何かを、覗いてしまったのかもしれない。

妄想怪談N♯01〜黒く塗れ!〜

« 失踪日記〜完結篇〜 | トップページ | 窓 »